またイヤイヤ期?4歳児の反抗期の特徴と対処法

はいたい〜 がーみゆ(@okinawakozure)です。

聞いてください。最近私の頭を悩ませているのが、四歳になったばかりの息子の反抗期です。何が大変かって、二歳のときの反抗期と比べて、ごまかしが効かない・口達者に切り返してくるのです。

とは言え、まだまだ小さい子供。叩く事はしたくないし、感情的になるのも嫌なんですよ〜たまになってしまうけど。。そして自己嫌悪に陥ります。

やっと乳児期の大変な時期が終わったと思ったのに。。。あの時はストレスマックスでハゲそうになってました。ちなみにこんな感じでした ↓↓
[blogcard url=”https://mama-okinawa.com/kosodate-sutoresu″]

そんな私が、押したり引いたり、奥の手を出したり色々工夫をしてみたので、ご紹介します。

そもそも反抗期って何の為にあるの?

子供の反抗期なんて、なくなれば良いのにと思う日々が続いていますが、生きてるうちに巻き起こる出来事にはちゃんと意味があるらしいのです。私なりに「反抗期」というのを、書き出してみたいと思います。

反抗期【はんこうき】
精神発達の一過程。2,3歳の幼児期に意志が芽ばえ,自我感情が発達し,他人の指示を拒否し,ときにその反対の行動をする場合を第1次反抗期,青年期初期に自我感情が特に強く意識され,それが行動の面では反抗として現れる場合を第2次反抗期と呼び,合わせて反抗期を形成するとされる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト

漢字多すぎるので、もう少し噛み砕いてみる。

子供の中で自己主張をしたいという欲求が生まれて、その主張が親などによって却下されると、泣きわめいたりします。私の指示とは逆の事をし始めるんですよね〜。今までは私からの主張や要望には、素直に応えてくれましたが、最近では、私の主張と子供の主張がズレると反抗がはじまります。

4歳息子の反抗期の体験談!生意気!

毎日格闘しているのが、夜寝る前のオシッコです。歯磨きして、さあ寝る前のオシッコに行こうか!と誘うと決まって・・・

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kodomo.jpg” name=”息子ちゃん”] いかない!!![/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] なんで?おもらししちゃうよ〜? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kodomo.jpg” name=”息子ちゃん”] だって〜いきたくないんだもん[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] おもらししたらどうするの?おしっこでお洋服ぬれて体が冷えたら風邪引くよ?ママ心配しているんだよ?[/speech_bubble]

おしっこに行く理由と、ママの気持ちを素直に伝えます。

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kodomo.jpg” name=”息子ちゃん”] だって〜いきたくないんだもん[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] 行きなさい!!! [/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kodomo.jpg” name=”息子ちゃん”] ・・・いきたくないよ〜いやら〜〜〜!!ええ〜ん[/speech_bubble]

この辺りから泣きそうになりながら怒り始めます。私もイライラ。。

何度か、怒って無理やり行かせたり、トイレ行くまでお布団に来ないでね!と言った時もありました。結構な長時間の格闘の末は。。私が折れて、夜中にオムツをこっそり装着したり、息子が折れて大泣きしながらトイレに行く、という感じでした。

他には、せっかく作った夕飯を食べないとか。「これいやだ〜〇〇がいい!」「もうごちそうさましたい〜」とか。

何かにつけて、イヤイヤ!キー!!

このままでは夜寝る前の大切な時間が、お互い嫌な気持ちのまま眠ってしまって朝を迎えてしまう。これは息子の成長にとってよくないな〜!と危機感を感じたので、あの手この手で対策してみる事に。

私が実際に行った対処法あれこれ

四歳というと、保育園にも慣れて来て親と離れる時間も多くなり、自分だけの世界を広げ始めるタイミングです。当然保育園にも色んなお友達が居て、悪い事も良い事もいっぱい吸収してきます。お友達が言っていてた言葉を使い始めます。息子は「じゃあ、一人で遊ぶからいいよ!!」「ばか!」などと言うようになりました。私は絶対教えていない言葉です。最初言われた時はショックでした。

目を見てきちんと話し合う

まずは明るい時間帯のご機嫌な時に、ちゃんとお話をする事です。
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] 夜寝る前のオシッコ嫌って言うでしょ〜?なんで〜?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kodomo.jpg” name=”息子ちゃん”] う〜ん。。わかんな〜い ニコニコ[/speech_bubble]

みたいな感じで、深い意味なんてないのがほとんどなんです。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] 夜のオシッコの時、ママも息子ちゃんも怒っちゃうでしょ〜?あれね〜『いやなきもち』になってるんだよ〜わかる?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”kodomo.jpg” name=”息子ちゃん”] うん わかる〜[/speech_bubble]

息子は『いやなきもち』というのを保育園で学んだらしく、ちゃんと理解しているキーワードなんです。だから嫌な気持ちになるという事を、率直に伝えることが大切だと思うのです。

夜寝る前のオシッコタイムになり、イヤイヤが始まったら、
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] お昼にお話ししたでしょ?ママも息子ちゃんも『いやなきもち』になるよ〜![/speech_bubble] すると、ハッとした顔で、何度かスムーズにオシッコに言ってくれました。

他の行動パターンを教えてみる

これもうまくいく確率多いですよ。イヤイヤの最中になると子供の中で、こうしたいっ!っていう曲げられない、強い考えがあるので、他にもこんな行動パターンがあるという事を、サラッと伝えてみます。

選択肢を与えて、子供に好きな行動を選ばせる方法です。新たな行動パターンを提案する、みたいな感じです。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] じゃあさ、ママ今から歯磨きするから終わったら一緒におトイレ行かない?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] このご飯もあるけど、あっちのご飯も美味しそうだよ。どれがいい? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”mama.jpg” name=”ママ”] このオモチャもカッコいいね〜 でもあっちにカッコイイ靴があるよ!見たい?[/speech_bubble]

これには、ママの臨機応変さも求められます。ぶっちゃけこっちもイライラしているので、冷静に、子供の意見を否定しない、柔軟な対応が必要なので、簡単そうに思えるけど案外難しい。

その場から逃げる、立ち去る

これはママ自身がイライラして、あっヤバい。って時に有効です。そして、子供が怒って泣いてパニックになっている時には、何を言っても通用しません。空間を入れ替えるイメージで、パッと隣の部屋に行って、落ち着くまでゴロゴロしてみたり、急に飲み物を飲むとかバナナを食べるとか、そんな事してます。

子供って単純だから(男の子だからかな?)今イヤイヤ言ってた事を忘れて、すぐケロっとする事が多いんです。大人みたいに不機嫌な状態は長続きしないんです笑

そして私が良くやるのは、大きく深呼吸をする事です。本当に爆発しそうな前にやると結構効きますよ〜冷静さを呼び集める感じで、思いっきり息を吸って〜 吐く〜〜〜 ありきただけど結構効きます。

四歳児の反抗期まとめ

私も今、息子の反抗期の真っ最中で試行錯誤をしている段階なので、エラそうな事言えませんが、頭ごなしに子供を罵倒する、感情的に手が出る、子供の人格否定、理由も説明せずに親の意見を通す といったことは行わないように注意してます。もし怒ってしまったら、抱きしめてあげて、怒った理由をきちんと説明して謝ります。愛する子供が素敵な大人になる為には、必要な過程なんだと思って乗り切りましょう!

[blogcard url=”https://mama-okinawa.com/syokudoukarika-tamagusuku”] そして、こんな事があった日は、ママはとっても頑張ったので何か美味しい物でも食べちゃいましょ!男の子の育て方も勉強するのも良しです。それではまた〜。おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//62行目から75行目までタイトルURLコピーのコード自分で貼り付け